Wilde Newsletter 14

 

巻頭言

山田勝  (1-2)

 

Degeneration and/or Regeneration

河内恵子  (4-5)

 

講演 「社会主義の下における人間の魂」をめぐってーワイルドの個人主義と批評主義

伊藤勲  (6-8)

 

研究発表要旨 The Picture of Dorian Grayのラスト・シーンをめぐって

浦部尚志  (9-10)

 

「嘘の衰退」の嘘について

木村克彦  (11-12)

 

ワイルドの芸術過剰防衛ー『虚言の衰退』における自然と芸術

岩永弘人  (13-14)

 

The Decay of LyingにおけるWildeの"imagination"

大曲陽子  (15-16)

 

講演 ワイルドにおけるケルトの要素ーThe Celtic Elements in Oscar Wildeー

井村君江  (17-19)

 

研究発表要旨 「ワイルドとベケット」ーThe Importance of Doing Nothingー

折田尊子  (20-21)

 

海外便り

井村君江  (22-24)

 

ワイルド研究会報告

酒井敏編  (25-28)

 

ワイルド書誌・講演・研究発表

千葉剛・佐々木隆  (29-30)

 

ワイルド情報

千葉剛・佐々木隆  (30-31)

 

編集後記

木村克彦  (37)